山のやあまん

やあまんの山歩き 山行記録をメインにポテポテと更新。

180416 のんびり地元パトロール! 花と新緑を楽しむ! 高尾~南高尾山系~城山~底沢峠~陣場バス停

今日はのんびり地元パトロール! 
急がない、無理しない、疲れたらいつでもエスケープ!・・・のゆるハイク。

今回は高尾から登るということで、事務所前から金毘羅登山口へ。
南高尾山系に久々の訪問。
普段は静かな南高尾が、本日は植物観察会なのか団体パーティが多数でビックリした。

※ちょうど南高尾山系の「ニリンソウ」大群落が満開のタイミングで、
多くの見物者が訪れる時期だったようだ。
月曜日なのにビックリしたけど・・・w
確かに白い可愛い花が群生していた。
いろいろ勉強になります。

陣場山を目指したが、途中で日が暮れてきたので、無理せず底沢峠から陣場高原バス停へ下山。
最後は、少しひざ痛が出たけど、花と新緑を満喫したハイキングだった。

 

f:id:yamanoyeahman:20180416225022j:plain
高尾の金毘羅から三和団地沿いに歩くと、シャガが咲いてた。
今日は、お花見物のハイキングになりそう。


f:id:yamanoyeahman:20180416225134j:plain

 

f:id:yamanoyeahman:20180416225245j:plain
草戸峠。
普段は静かな南高尾山系なのだが、今日はハイカーさんたちやグループが多くてびっくり! 高尾山並みの賑やかさだった(笑)


【動画】
草戸峠で、ウグイスと合唱w ほーほけきょ!!!!

www.instagram.com


f:id:yamanoyeahman:20180416225639j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180416225723j:plain
草戸山。
たしか町田市の最高地点じゃなかったっけ????

 

f:id:yamanoyeahman:20180416225811j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180416225827j:plain

城山湖

f:id:yamanoyeahman:20180416225853j:plain

いつも気に留めない地味~なピークなので写真撮っておく!

f:id:yamanoyeahman:20180416225920j:plain

この花、なんていうのだろう?
頭を下げて咲いているのを横から撮るとこんな感じ

f:id:yamanoyeahman:20180416225945j:plain

上から撮ると、花弁が4枚十字になってる。
星のようだなと目に留まった。

※どうも「イカリソウ」という花らしい。
錨に似ているからとか。
いろいろ勉強になります。

f:id:yamanoyeahman:20180416230021j:plain

城山に到着。曇り空になって肌寒く、サクサクとお昼を食べてそそくさと出発。
月曜日だけど、お茶屋さんが2軒とも開いてた! ビールが飲めたw

f:id:yamanoyeahman:20180416230117j:plain

 

f:id:yamanoyeahman:20180416230140j:plain

景信山を巻いて、堂所山方面に向かう途中に、こんなに大きく腕を拡げてる木がいた。いつも通っている広葉樹が気持ち良いエリアなのだが、いままでこの木の腕には気づかなかったな。

f:id:yamanoyeahman:20180416230230j:plain

ヤマザクラが咲いてた

f:id:yamanoyeahman:20180416230303j:plain
お花見にゃ!

f:id:yamanoyeahman:20180416230341j:plain新緑も気持ち良し!


f:id:yamanoyeahman:20180416230404j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180416230505j:plain

GPSデータでは、結局22Kmほど歩いてた。ひざが痛くなるわけだw


www.yamareco.com


















180408-09 また軍刀利神社元社(笑) この時期なぜに生籐山の桜を見に行かん?!<ザックが重いからw

先週の軍刀利神社テン泊で、元社の場所が気に入ってしまい?!
ブーツのフィッティングをもう一度確かめる目的もあり、
また軍刀利へ(爆笑)

今回は、上野原駅から軍刀利神社本社へバス移動して、
順番に登って行くことに。
2時間弱ほどのコースなので、午後からのんびり出発。

f:id:yamanoyeahman:20180409133054j:plain
上野原駅、バス乗り場が南口へ移転。
今月から変更したらしい。
地元の人も、まだ慣れていないようだった。

f:id:yamanoyeahman:20180409133224j:plain

4月からの上野原駅改装で、バス時刻表が微妙に変更されていた。
上野原発着で計画する時は、最新の時刻表を確認した方が良いです。
以前の北口のバス発着場は、狭い中で忙しく回していたけど、
新しいバス乗り場は、広くてゆったり。


f:id:yamanoyeahman:20180409133240j:plain

スゴイ立派な建物なんだけど、まだちょっと慣れてないというか、馴染んでないというか・・・?!

f:id:yamanoyeahman:20180409133418j:plain

井戸行きバスで、終点下車。
軍刀利神社本社からお参り。

f:id:yamanoyeahman:20180409133454j:plain

 

f:id:yamanoyeahman:20180409133513j:plain

本社から10分ほど、大桂が有名な奥社


f:id:yamanoyeahman:20180409133601j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409133556j:plain

どーん!

f:id:yamanoyeahman:20180409133656j:plain

 

f:id:yamanoyeahman:20180409133718j:plainうしろから
奥社からの登りが急坂だったことを、登り始めてから思い出した。
結構、脚にきた。

f:id:yamanoyeahman:20180409133936j:plain

女坂経由で元社へ。初めてのルート。

f:id:yamanoyeahman:20180409134024j:plain

女坂なのに、なにげに狭いトラバースで急坂。
男坂はどれほどの急斜面なのか????

f:id:yamanoyeahman:20180409134052j:plain

女坂は、三国山と元社の間のこの標識の場所につながってた。

f:id:yamanoyeahman:20180409134119j:plain

今日は、富士山もバッチリ。

【動画】

www.instagram.com



寒の戻りで、夜は多少冷え込んだけど、
風が止み、星が輝き、静かな山頂瞑想ができた。
良い時間だった!

f:id:yamanoyeahman:20180409134357j:plain

翌日は、股関節の違和感が残っていたので、陣場方面への歩きは止めて、サクサク井戸バス停へ下山。
平日の午前中はバス1本のみなので、余裕をみて出発したけど、
予想以上に早く下山しちゃったので、里のお花を愛でながら散歩気分でバス停へ。

f:id:yamanoyeahman:20180409134512j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409134521j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409134554j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409134601j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409134612j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409134633j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180409134656j:plain
今朝もうっすら顔を出してた。



www.yamareco.com








180401-02 夏山テン泊トレーニング開始 相模湖-明王峠-陣場山-和田峠-生籐山-軍刀利元社-和田峠-陣場高原下

新年度。
ちょいと思うところあって、人気のない場所で静かに瞑想したくなる。
昨年の笠取山メディテーション登山のように、
山でテン泊しながら、そっと自然にお邪魔して、
頭の中や心を整理しようかなと、
ずっと気になっていた笹尾根の軍刀利元社に向かうことにする。

今年初めてのテン泊重量ザック&少し調整したニューブーツの馴らし履きも兼ねた、
夏山縦走のトレーニング的、
少々人生の転機を感じた瞑想トレッキング的な近場ハイキング。

若い頃は全く気にもしないが、年齢を重ねてくると、
今年はテントを背負えるか、
この重量でどの程度歩けるか(何も考えず適当に荷物を詰めたら19Kg!!w)、
膝や腰の状態はどんな感じか・・・など、
チェックポイントが増える増える(笑)
実際に試してみないと分からないので、ちょうど良い確認チャンス!

ゆっくり静かに歩きながら身体をチェックしつつ内面と向き合い、
夜はしっかり瞑想しようと思ったのだが、
今回友人も同行することになり、終始おしゃべりの山行となったw。
まあ、これもセッティング!?

f:id:yamanoyeahman:20180403175238j:plain
相模湖駅から与瀬神社へ。
参道入り口の桜は満開!
春だねぇ。

f:id:yamanoyeahman:20180403175325j:plain

f:id:yamanoyeahman:20180403175340j:plain
山肌の桜も見事に咲いている。

f:id:yamanoyeahman:20180403175614j:plain
おなじみ与瀬神社。
まだザック重量に慣れていないオイラは、参道の急坂石階段からポールを使用。
登りはまだどうにかなるけど、
脚が疲れた下りで重量背負ってこの階段はちょいと怖い(笑)

f:id:yamanoyeahman:20180403181139j:plain
明王峠への途中で、大きな切株のような枝が本枝に引っかかってる???の図

f:id:yamanoyeahman:20180403181317j:plain

定点撮影。
陣場山に来るときには、必ず撮影する山頂直下の林間。
葉っぱがないと、立派な枝ぶりがカッコイイ!

f:id:yamanoyeahman:20180403181503j:plain
春だねぇ@陣場

【動画】

www.instagram.com




f:id:yamanoyeahman:20180403181616j:plain
陣場から和田峠に下りて、今度は醍醐丸の斜面を登り返し。
ちょうどハセツネ30Kの大会が開かれていたようで、
醍醐峠でトレランルートに接近。
しかし、時間的にゲート閉鎖間際の時間帯で、
ほとんどの選手は既に通過した後だった模様!
応援できなかったw

f:id:yamanoyeahman:20180403181956j:plain
和田峠からの登り返しから、ずっとまき道を通ったのだが、
連行山の直登でじわじわ脚に効きはじめ、ちょっと靴ズレもあり、
自分的にかなり水分補給しながら、ふーふー言いながら軍刀利元社に到着。
それでも予定時間通りの到着で、
この近郊のコースタイムのゆるさを実感する!?(笑)

f:id:yamanoyeahman:20180403182522j:plain
「一晩、お邪魔します」とご挨拶して、設営開始。

【動画】

www.instagram.com




f:id:yamanoyeahman:20180403182604j:plain
今回は、やまグルメなし。
キッチンにあった缶詰やコーヒーなどを背負って、
友人の玄米おにぎりをいただき、晩飯終了!
オイラは山に入ると急に小食になる。
食べると歩きたくなくなるからw。
アルコールは受け付けるのだが?!(笑)

f:id:yamanoyeahman:20180403183003j:plain
結局、昨夜は話しこんで、全く瞑想できなかった(笑)
朝は、春霞のなか、かろうじて丹沢方面が見える感じ。
富士山は、はるか遠く!


f:id:yamanoyeahman:20180403183211j:plain
2日目は、初日でひざに違和感が出たので、今日は無理せず和田峠から下山。
こんな山道なら平気だけど、段差のある階段や岩場の下山はひざに辛い。
久々の重量ザックでのトレッキングで、無理しない下山はナイスな判断だったと思う。
下山途中で急ぎの仕事の案件連絡が入って、昼前に帰宅出来たのはラッキーだったw

靴ひもの締め具合がまだシックリこなくて、試行錯誤したけど、結局靴擦れした。
このブーツの最適調整発見までもう少し。
テン泊重量を背負っても、ソールがしっかりしているので、
足裏は全くダメージ無しなのだが、もうチョイ履きこむ必要ありだな。

f:id:yamanoyeahman:20180403183643j:plain

昨年、笹尾根縦走した時、突然キジが現れた場所!

f:id:yamanoyeahman:20180403183748j:plain
和田峠到着。お疲れさまでした。
軍刀利ではあまり瞑想はできなかったけど、
下りでは黙々と歩きながら内面と向きあう時間が作れた。
トレッキングのこんな時間が好きだな、おいらは。

でも整理しようと思ってた事柄は、あまりまとまらなかったw<これは予定外
春になったし、またテント担いで山に入らないと!?(笑)

 

 

www.yamareco.com











180205 地元の利! まだ雪の残る高尾山系をぽてぽてとパトロール

先週末に引き続き、雪の高尾山。
地元パトロール?!w
6号路は、午前中凍結箇所あり。
城山でお昼して、風が出てきたので、そそくさとピストン下山。

 

f:id:yamanoyeahman:20180205171836j:plain
午前中の6号路の路面状況。

f:id:yamanoyeahman:20180205171957j:plain

凍結箇所もあり、軽アイゼンがあった方が良いかも。

f:id:yamanoyeahman:20180205172051j:plain
日差しを浴びて、葉っぱキラキラ

 

f:id:yamanoyeahman:20180205172144j:plain
沢沿いの積雪状況

f:id:yamanoyeahman:20180205172240j:plain

6号路の沢歩き入口。
「滑ってドボンしたら嫌だ」という同行者の意見で、稲荷山コースへ移行

f:id:yamanoyeahman:20180205172321j:plain

もみじ台からの富士山。ちょっと顔を隠してました。


f:id:yamanoyeahman:20180205172451j:plain


f:id:yamanoyeahman:20180205172522j:plain
一丁平

f:id:yamanoyeahman:20180205172603j:plain
城山

f:id:yamanoyeahman:20180205172639j:plain

帰り道の6号路


 

www.yamareco.com

 

180129 雪歩きを楽しむ! 相模湖駅-明王峠-景信山-もみじ台-高尾山口

ニューブーツの試し履き3回目。
正月に歩いたコースを、逆から歩いてみた。
先日の雪がまだしっかり残っていて、予想外に雪歩きを楽しめた。
ちょうど今日の日中は、風もなく気温が上がり、日差しも出て、絶好の雪上ハイキング日和だった

 

f:id:yamanoyeahman:20180130001029j:plain

1/2の逆ルートで、相模湖駅から出発。
与瀬神社へのアプローチ階段は、いきなり急斜面。
まずは中央道を越えるための陸橋への階段が急角度!


f:id:yamanoyeahman:20180130001101j:plain
神社の手水が凍ってた!
「ドラマや映画で、時間が止まったシーンのようだね・・・」
確かに・・・

f:id:yamanoyeahman:20180130001141j:plain

神社への階段。この階段怖い。かなり急階段。
前回は下りで利用したけど、横ステップとポールでゆっくり降りたところ。

f:id:yamanoyeahman:20180130001225j:plain

雪の残る与瀬神社

f:id:yamanoyeahman:20180130001322j:plain

今日は気温が上がって、雪が緩んでいたようだ。
チェーンスパイク使わずに、ノッシノッシ登って行く

f:id:yamanoyeahman:20180130001419j:plain

林間に入ると、雪が増えてくるけど、緩んでいるので、
結局、景信山までアイゼン無しで登ってしまった。
(途中、滑って、それなりにエネルギーは消耗したが・・・w)

f:id:yamanoyeahman:20180130001457j:plain

明王峠を越えて、景信山に向かう途中の伐採林エリア

f:id:yamanoyeahman:20180130001518j:plain

風がなく、日向はぽかぽかと気持ち良かった。

f:id:yamanoyeahman:20180130001547j:plain

景信山頂手前から

f:id:yamanoyeahman:20180130001626j:plain

景信で昼食。茶屋のニャンコが「何かくれ!」とそばまで寄ってきたが、あいにくニャンコの好物を持っていなく、「柿ピー食べるか?」と差し出し、鼻をクンクンさせて「食べれないにゃ!」と却下されたw

f:id:yamanoyeahman:20180130001706j:plain

景信ベンチの積雪量は、こんな感じ。

f:id:yamanoyeahman:20180130001736j:plain

景信からの下りからチェーンスパイクを装着!
歩きやすい~!w
城山山頂は、巻道でパス。
 

f:id:yamanoyeahman:20180130001804j:plain

一丁平の展望台から丹沢方面

f:id:yamanoyeahman:20180130001840j:plain

もみじ台に向かう階段斜面の積雪状況。
苦手なエリアだが、良い感じで雪がついて、歩きやすかった。

f:id:yamanoyeahman:20180130001905j:plain

城山のトイレも閉鎖中とのことです

f:id:yamanoyeahman:20180130001946j:plain

下山は、稲荷山コース。
上部は雪がついているけど、中間から雪が解けてきて、
泥、アイスバーン、乾燥地面が、ミックスで現れてくる。
登りはともかく、下りは慎重に!


www.yamareco.com