読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山のやあまん

やあまんの山歩き 山行記録をメインにポテポテと更新。

160305 鳥山駅-扇山-四方津駅

大月方面

三寒四温で春を感じる季節。
週末に、大月近郊の扇山をトレッキングしてきました。

鳥山駅からぶらぶらと麓まで移動。

登山口にたどり着くまで1時間ほど車道を歩きます。

f:id:yamanoyeahman:20161019195905j:plain

登り始めると、それなりにタフな斜面。

けっこう汗ばんでました。

 

途中の画像はほとんどなく、いきなり山頂画像です(笑)

林の中の道で、あまり眺めが良いルートではありませんでした。

f:id:yamanoyeahman:20161019200020j:plain

富士山は見えませんでした。

f:id:yamanoyeahman:20161019200102j:plain

この看板のいたずら書きはなぁ・・・。残念。

山頂で丸棒ラーメンを食べて、犬目経由の四方津駅方面に下山。

f:id:yamanoyeahman:20161019200224j:plain

f:id:yamanoyeahman:20161019200312j:plain

f:id:yamanoyeahman:20161019200328j:plain

途中、何度も出てくる「君恋温泉」の案内。気になる・・・

f:id:yamanoyeahman:20161019200419j:plain

甲州街道まで下山。ここから犬目集落へ

f:id:yamanoyeahman:20161019200454j:plain

北斎の絵はここからの風景なのか。

f:id:yamanoyeahman:20161019200553j:plain

実時寺(だったかな?)の観音像。

ここで、そばの野菜直売所を教えていただき直売所へ立ち寄り。

野菜直売所には、既にふきのとうが並んでいました。
例年は、彼岸の頃に出てくるのが、
今年の冬は暖かく、もう芽を出しているそうです。

このあたりは、桃太郎伝説があるらしく、犬目集落はもちろんお供の犬(笑)

桃太郎は百蔵山、鬼は九鬼山だったりなど、確かに桃太郎伝説だ(笑)

 

この犬目を過ぎてから、四方津駅までの下道が長かった。
ずっと車道を下って行くのだが、途中で地元のおじさんが車に乗せてくれて、
駅まで送ってもらえた。
「俺も山歩きするので、扇山から駅までの下道下山が辛いの分かるんだよねぇ」
ほんと、辛かったです・・・(超感謝!)


扇山は、四方津に下りるより、百蔵山経由で下山した方が楽しいかもしれない。