読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山のやあまん

やあまんの山歩き 山行記録をメインにポテポテと更新。

160917 鍋焼きうどん目指して、往復7時間! 鍋割山

丹沢

秋山シーズンに入って、気持ちが上がってきてるのに、
週末になると台風がやってくる(涙)


秋山シーズンから、テン泊登山に進出しようと地道に道具を揃えて、

計画してるのに、この三連休も天気が不安定・・・。

景色と美味しい空気を楽しむお気楽中年ハイカーとしては、

台風の影響下での登山なんて論外・・・ということで、

この三連休のテン泊計画は延期!w

雨天でのテント撤収なんて一番避けたい作業(笑)

 

ただ土曜日は、曇っているけど雨はまだ降らない様子だったので、

どこかへ日帰りしようと、候補地を検討。

景色は期待できないだろうから、別の目的を考えて、

「そうだ! 鍋焼きうどんを食べに行こう!」

一度食べてみたかった鍋割山の鍋焼きうどんを食べに、丹沢へ向かうことに!

 

f:id:yamanoyeahman:20161018225516j:plain

おなじみ、大倉ばか尾根ルートで出発。

天気予報の影響なのか、連休なのにとても空いていた。
夕方からは雨予報なので、早めに帰ってきたいところ。

 

f:id:yamanoyeahman:20161018225601j:plain

途中でベニヤ板を荷揚げしていたおじさん。

「堀山の家」まで上げるとか。

風が強い日なら、空を飛べそうな羽?(笑)

 

2回目のバカ尾根で、少しはペース配分が上手になり、

時間短縮できるかと思ったけど、

塔の岳との分岐「金冷し」まで、前回と同タイム。
やっぱりこのコースの階段続きはきつい。
特に段差が外人サイズwの箇所があり、

日本人歩幅のオイラは、駅の階段二段跳びしてるような訓練エリア(笑)

 

f:id:yamanoyeahman:20161018225704j:plain

塔の岳との分岐「金冷し」から鍋割山方面に向かう尾根道。
途中で少しガスが切れて、蛭が岳の山頂や沢の景観が見えたりしてた。

 

f:id:yamanoyeahman:20161018225756j:plain

麓から標準タイムの4時間ほどで、鍋割山到着。

やっぱり曇ってて、展望は無し。
今回は、鍋焼きうどんが目的だから・・・w

f:id:yamanoyeahman:20161018225855j:plain

そして・・・念願の鍋焼きうどん!

あっ、卵が入ってるw 天ぷらが入ってる・・・w

油揚げやキノコも・・・・w 一人でニコニコしてます。

注文は、思ったより混んでいなくて、すぐに提供されました。

f:id:yamanoyeahman:20161018230004j:plain

山頂でこんな鍋焼きうどんをいただけるなんて超幸せ!

うまうまです。

 

天気が気になるので、昼食後は長居せずに下山準備。

うどん食べてた多くの人が、やっぱり早出してた。


下山は、後沢乗越-二股の沢沿いに下るルート。

f:id:yamanoyeahman:20161018230159j:plain

山ビルがまだ活発なのか気になって、

念のため塩水ならぬ竹酢液を持参したのだが、

ザックの中で容器からこぼれて、周囲まで強烈な匂いが漂っていた(爆笑)

 

f:id:yamanoyeahman:20161018230216j:plain

f:id:yamanoyeahman:20161018230234j:plain

f:id:yamanoyeahman:20161018230247j:plain

尾根から林道までの沢沿いの道は変化に富んで楽しいルート。

渡渉があったり、橋があったり・・・。

ただ、それなりに急斜面なので、登りで使いたくはないな(笑)

 

・・・で、登山道が終わり、

西山林道に入ってからの5-6Kmの林道歩きは、飽きたw。

しかも、また両足の親指下に水膨れができて、

林道歩きはつらかった。

 

結局、雨には降られず、大倉の駐車場に17時頃下山。

往復7時間の鍋焼きうどんツアーでしたw

 

 

 

毎回、下山時に親指の水膨れに悩まされるのだが、原因が分かってきた。

昔、足指を痛めて、親指の爪がぶ厚くなってしまったのだが、

その厚み分が、靴の上部と指を圧着してこすれているようだ。

下山時に靴ひもを締め直すのだが、他の指はしっかりホールドされてるけど、

親指だけ爪の影響でしっかり納まらないのかな。

今度は、もう少し厚いソックスにして、

つま先の靴ひもをゆるめに締め付けるような調整を試してみる。

 

他の部分はサイズがバッチリで、とても歩きやすいブーツなので、

この親指問題だけ早く解決したいところ。

登山靴のフィッティングは本当に難しい。

 

 

www.yamareco.com