読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山のやあまん

やあまんの山歩き 山行記録をメインにポテポテと更新。

170430-0501 瑞牆山・金峰山 テン泊 自分史上最悪体調登山(笑)

今年初めてのテン泊登山!
秩父瑞牆山金峰山へ。
テン場は富士見平小屋。

やっと五丈岩を観れる・・・。
GWだし、渋滞を避けたいし、早朝に出発して・・・
・・・などと、あれこれ準備していたのに、
出発前に風邪をひき(笑)<子供か?
鼻水止めにと、普段飲まない薬を大量投与(笑)<良い子は真似しないように

おかげで、鼻水は止まったけど、
脱水症状気味の超体調不良に陥り、
今までで一番過酷な登山となりました(爆笑)

f:id:yamanoyeahman:20170502224514j:plain

深夜2時に八王子出発。みずがき山荘の駐車場に5時頃到着。8割ほど埋まってました。
7時過ぎに出発。この時点で、身体が重く、
テン場の富士見平小屋に着いた時点で、ボーっとしてました(笑)

f:id:yamanoyeahman:20170502225043j:plain
さすがにGWで、にぎわってました。
多くのテントは昨日からの滞在者で、午後に下山してから撤収するため、
僕らが下山したころには、テントは半分以下に減ってました。


テントを設営して、すぐに瑞牆山へ向かう予定だったのですが、
いかんせん、体調が良くなく、30分ほど休憩して、
のろのろとスタート。

しかし、意識朦朧としながらの岩登りは、
途中の行程をほとんど記憶していないという、フラフラの登頂でした。
写真もほとんど撮ってないw。

 

f:id:yamanoyeahman:20170502225546j:plain
途中の桃太郎岩。ぱっくり割れてます。

f:id:yamanoyeahman:20170502225619j:plain
しかし、ボーっとした僕には、このように見えてました(爆笑)


f:id:yamanoyeahman:20170502225759j:plain
もはや、途中の岩登りゾーンの記憶も画像もなし・・・
何度も挫折しかけつつ、肩で息しながら本能的に山頂を目指して、
鎖場をよじ登っていたようなうっすらとした記憶のみ・・・(笑)

気がつけば、山頂直下の凍結斜面で、チェーンアイゼンを着け、
ちょっとよじ登ったら、山頂に着いてた。

f:id:yamanoyeahman:20170502230148j:plain

f:id:yamanoyeahman:20170502230215j:plain
画像でこの高度感が伝わるだろうか?
噂通りの絶景岩山だった。

かろうじて動画を撮ることを思い出して・・・。
快晴なのに体調最悪w  
はぁはぁ、ぜぃぜいしながら、瑞牆岳って言ってる。本当にボロボロです!w

www.instagram.com

 

f:id:yamanoyeahman:20170502230548j:plain
明日登る予定の金峰山。山頂付近はまだ雪が残っている。
左奥は国師ヶ岳か?
他にも、富士山、八ヶ岳南アルプス(かな?)など、展望が広がり、
絶好の山岳日和だった。 

その後、昼食は食べれなかったけど、
山頂でしばし昼寝できたのがよかった。
少し回復して、何とかテン場まで下山。
すぐに1リットルほど水を飲んで、
テントで大イビキでダウンw。

f:id:yamanoyeahman:20170502231012j:plain
下山途中、桃太郎岩の脇の沢まで下ってからの登り返しが、地味に身体に効くw

一眠りして、あまり食欲がなかったけど、
せっかく水漬けペンネの鯖トマトソースを準備してきたので、
小屋前のテラステーブルで、山ごはん。
画像撮り忘れ・・・。

自分的には、下準備してくれば、
パスタをゆでる必要がないので、燃料の節約と時間短縮が魅力的。
しかも簡単に作れてうまかったので、
今後も水漬けパスタのメニューを多用したいところ。
普段ならビールかウィスキーで、プッハーッ!ってやってるはずなのに・・・(涙)

f:id:yamanoyeahman:20170502231727j:plain

f:id:yamanoyeahman:20170502231757j:plain

 

f:id:yamanoyeahman:20170503003621j:plain


富士見平小屋は、水が豊富でうまい。(今回はこの水をがぶ飲みして救われました)
テン場も広く、受付のスタッフも気持ち良い対応で、気に入りました。
ただしキャパの割にトイレが少ないので、
混み合っている時には行列しそうで落ち着かないかも。
今回は週末を1日ずらした日程にしたため、混雑に合わなかったけど、
平日にのんびり利用させていただき、
小屋前のテーブル席で食事しながら乾杯というのがいいな。

2日目は、金峰山
午後から天候悪化が予報されていたので、
お昼過ぎには下山する予定で出発したのですが、
予報より早く天候が変わり、
5月に雪の吹き付ける山頂を堪能してきました(笑)

f:id:yamanoyeahman:20170502233259j:plain
小屋から金峰山方面の登山道へ入ると、
いきなり登りが続く。
重い身体には、先制パンチ! キツイ!

f:id:yamanoyeahman:20170502233516j:plain
樹林帯の中間地点「大日岩」。
このあたりから残雪がつるつるし始めて、チェーンスパイク装着。
稜線に出るまでの樹林帯部分は、コースタイムで2時間30分。
この間、長い登りが続き気持ちがくじけそうになり、
さらに、最後の稜線手前の急斜面が、ガツンとパンチをくらわす。
それに鼻が詰まって、のどが痛いため、呼吸が苦しくて、かなりバテた。

f:id:yamanoyeahman:20170502234218j:plain
やっと稜線に出た。瑞牆山があの距離に。意外と離れてるな。

f:id:yamanoyeahman:20170502234336j:plain

 




f:id:yamanoyeahman:20170502234416j:plain

五丈岩が見えた。

f:id:yamanoyeahman:20170502234526j:plain

噂通り、この稜線は美しい。
眺めも良くて、楽しい稜線歩きができる。
まだ残雪がマダラに残っているので、アイゼンの脱着で悩むけど・・・

f:id:yamanoyeahman:20170502234824j:plain
山頂に向かう前にトイレを借りようと、千代の吹上から金峰山小屋へトラバースルートをとる。
雪が緩んでいて踏み抜き箇所も多く、チェーンスパイクの爪だと腐った雪には力不足で、
ズリズリ、グサグサ歩きになった。
(北国育ちなのでこの程度は普通なのだが、同行者は苦戦したようだ)
金峰山小屋目印のケルンが見えてきた。

f:id:yamanoyeahman:20170502235245j:plain
金峰山小屋はとってもきれいなトイレで、
黒ラブちゃんがお出迎えしてくれた。
何度もクンクン挨拶して、なでなでしてたのに、写真撮るよって言ったら、デレツンされた(笑)
また会いに来たい!

小屋に着いた頃から、雪になり始めた。
予報よりちょっと早いかなと言ってたら、
小屋の奥さんが「これでも予報通り。山は下より早いのよ。身体冷やさないように気を付けてね」とアドバイス
そだね、とレイヤを増やすが、
動くとレインウェアはどうしても蒸れて苦手なので、
雨じゃなく雪だし、ミドルウェアと薄いウィンドブレーカー仕様で山頂へ向かう。

f:id:yamanoyeahman:20170502235933j:plain
小屋から山頂までは20分ほど。でも雪が緩んでいて、思ったより進まない。
少し登ったところから振り返ってみると、あのケルンの岩が結構でかいことが分かった。

f:id:yamanoyeahman:20170503000209j:plain
それなりの風雪に見舞われながら、山頂到着。
今の雪は降ったり止んだりだけど、
この後悪化してくる前に下山しておきたいなと長居せずに、さっさと移動(笑)
近くに怪しい雲が見えてきてたし、寒かったしねw

f:id:yamanoyeahman:20170503000604j:plain
はじめまして、雪が舞う五丈石さん。

f:id:yamanoyeahman:20170503000635j:plain
やっぱり山頂にこんな岩が積みあがっていたら、ビックリするわ。
思わず拝むよ

f:id:yamanoyeahman:20170503000940j:plain
五丈石の背面。
小屋経由のため登りでパスした稜線部分なので、下りで振り返りつつ。

f:id:yamanoyeahman:20170503001354j:plain
下りの稜線。
鎖場が残雪&凍結で、登りの人たちが苦労しているのを見て、
小屋経由でトラバースしたのは正解だったかもと思ったw。
鎖場で、Tシャツにトレパン、トレランシューズで登っている人がいてビックリ。
トレランシューズでは、さすがにこの雪斜面を登るのは大変そう。
「下りが心配です」と言っていたけどw、彼らは寒くはないのだろうか?w
ちゃんと無事に下山できたことを願う。


天候が悪化する前に樹林帯に戻り、さくさく下山を進めたけど、
テン場まで残り1時間ほどで雨になり、レインウェアに着替える。
予報より早く雨になってしまったら、テント撤収はどちらにせよ濡れているので、
急ぐ必要も無くなったので、体調を確かめながら、ゆっくり下山。
やっぱり右足親指に靴擦れが起きる。親指の巻き爪が原因なんだろうな。
テントに戻り、暖かいスープとコーヒーで暖をとり、しばらく雨をやり過ごす。
しっかり降ってきちゃったよ・・・。
雨の撤収はいやだなぁ・・・

小一時間ほど、テントで荷物を片付けたりしていたら、雨音が止んだ。
「えっ、もう前線が通り過ぎたのかな?」
なんと日差しも戻ってきて、撤収作業も駐車場までの下山もルンルンで終わりました。

昨日は気づかなかったけど、駐車場から富士見平小屋の途中にも小さなケルンがあった。

f:id:yamanoyeahman:20170503002816j:plain


今回の教訓:
○遠足前と登山前はワクワクしても、ちゃんと眠って体調を整えましょう!
○薬は使用量を守りましょう!
○体調が悪い時には、こまめに水分補給!
○水漬けパスタは、活用の可能性大!<ハマりそうですw 今度はでかいフライパンを持ち上げてペペロンチーノでも?!(笑)